新着情報

2015/4
75tラフテレーンクレーンを導入しました!!
 今年度新たに、国内最大のラフテレーンクレーン75t(SL−800Ri)を導入致しました。別送ウェイト(3t)装着(自力着脱)により75t吊(通常70t)の能力となります。
自社の60tクレーンに比べ、最大作業高さ3m増、最大半径で42m時0.4tから、46m時0.6tへと大幅に作業範囲が広がり、様々な大型現場で活躍出来ます。
また、2軸から4軸となりタイヤ1本当たりの重量が10tから5t、排ガス3.5次規制対応など、道路及び環境に対し大変優しい仕様となっております。
12t・16t・25t・60tと合わせ、作業場所・作業期間は問いませんので御用命・御紹介の程宜しくお願い致します。


75tラフテレーンクレーン
 
※画像クリックで拡大表示
2013/7
鰍s・M・S リース事業部 事務所を新築しました!!
 平素は、仮設機材リース部門をお引き立て戴き、誠にありがとうございます。
 リース事業部のあるこの地は、元々本社で営業していた場所であり、創業の原点であります。長い間の懸案事項でありました、事務所と休憩所を、昨年年度末より着工し、去る7月25日に完成式とお祓いを致しました。万一の災害時には、資機材を扱う防災拠点の機能も考えまして、新しい事務所で活力溢れる事業運営の拠点として有効に活用していきたいと考えます。色々とご協力戴きました協力会社の皆様、ならびにご愛顧戴きましたユーザーの皆様にお礼申しあげます。


リース事業部 事務所を新築
リース事業部 事務所を新築
 
※画像クリックで拡大表示
2013/5
平成25年5月6日は、当社にとっての記念日。創立満25周年の節目を迎える事ができました。「ありがとうございます25年」25年間に亘って当社を支えて頂きましたお客様、お得意様各位、協力業者の皆様、そして苦楽を共にして参りました役職員各位、ご家族様に心からご支援に感謝し御礼申し上げます。1/4正規経過を機に、次のステップへ力強く前進し、当地になくてはならない企業として一層精進して参る所存でありますので、今後ともどうぞご指導ご鞭撻賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
2011/8
ラジオ体操県表彰を受賞しました。ラジオ体操の積極的な実践を通じて普及発展に貢献したとして、8月4日に本社にて行われた表彰式で、かんぽ生命・日本放送協会・全国ラジオ体操連盟からラジオ体操県表彰を受賞しました。


ラジオ体操県表彰受賞
ラジオ体操県表彰受賞
 
※画像クリックで拡大表示
2011/5
南部町高姫に
木質廃材中間処理施設を設置しました。  >>詳しくはこちら
2010/3/3
スカイボックスは従来の高所作業車では出来ない範囲をカバー出来ます。
移動式クレーンに装着し、クレーン運転手が搭乗者の無線連絡によって慎重に、正確に指定の場所に近づけます。
大型構造物のドーム、工場、ビル、サイロ、タワー、橋梁、風力発電機の(高さ30m〜100m)クラスの保守点検作業に対応できます。
その他、テレビ中継や空中写真撮影にもご使用いただけます。
ぜひ、皆様のご用命をお待ちしています。


スカイボックス
スカイボックス
スカイボックス
   
※画像クリックで拡大表示
2008/9/4
電解還元水整水器『還元粋』の販売をはじめました。
 『還元粋』より造りだされる水は、【活性酸素】を豊富に含んでいます。
 厚生労働省より医療機器として認可を受けており、皆様に安心してご使用していただいてます。


2007/8/29
最新の60tラフテレーンクレーン導入
 8月2日、米子営業所クレーン工事課に最新の60tラフテレーンクレーンを導入しました。従来の50tクレーンと比べ全長が50cm長いだけで機動性を有するラフテレーンクレーンとしては最大級の能力を持っています。
 50tよりブーム長さが3.8m長く、揚程も3.4m高く、特に前方では特別性能により作業半径が4.0m広くなり作業範囲が一段と広がりました。もちろん排気ガス二次規制対策、低騒音はクリアです。構造物が大きくなってきている時代にマッチした機種です。
 現在、5t、10t、25t、60tラフテレーンクレーンと50tクローラークレーンというラインナップとなり、全車現在の排気ガス規制(一次)対策、低騒音車で25t2台と60tラフテレーンクレーン・50tクローラークレーンは 二次までクリアし、随時更新しながら環境に対し積極的に取り組んでいます。
建築・土木現場、あらゆるクレーン現場でのご用命をお待ちしております。


ラフテレーンクレーン
ラフテレーンクレーン
ラフテレーンクレーン
   
※画像クリックで拡大表示
2007/6/11
ほたるの里
当社本社の所在地であります西伯郡南部町は、米子市の南部に隣接しており、自然豊かなところです。
今の季節、町内の金田川周辺では蛍が多数飛び交い、『ほたるの里』として、毎晩たくさんのお客様で賑わっております。
優雅に舞う姿を是非一度ご覧下さい。
2007/6/11
 
ホームページをリニューアルしました。